温泉

温泉に行くという効能。

 

皆さんこんにちは。

おもてなしドットコム、新入社員の磯貝です。

温泉の効能は成分によるものや温まることから得るものだけではありません。

それは転地効果です。

今日はこの転地効果について書きたいと思います。

冬の露天風呂

 

 

 

 

 

 

 

雪見露天風呂入ってみたいもんです。

転地効果ってなんだ?

温泉地のような普段とはまったく違った環境に身を置くことで、五感に刺激を受けると、自律神経の中枢に刺激を受けます。

すると気持ちがリフレッシュしたり、日常のストレスが解消されるようになります。

温泉に入るのはもちろん、山の木の香りや海の香りを感じたり、風景を楽しんだり、美味しいお料理を食べたりして、くつろぐことすべてが転地効果になり得ます。

100km以上の遠出が良い?

普段の生活圏から100km以上離れた場所に行くことが良いとされています。

ですが距離より、非日常の体験が重要です。

都会に住んでいる方なら自然を感じることが出来るような場所、海が近くにない場所に住んでいるなら海がよく見える場所へ。

環境の変化が五感に刺激を与えます。

転地効果は温泉じゃなくても効果がある?

転地効果は旅行をし、周りの環境を変えることで得ることが出来ますが、温泉と合わせればさらに効果抜群です。

景色の良い露天風呂付客室が誰にも邪魔されず温泉と景色を楽しめるのでおススメです。

-温泉
-,

© 2021 スタッフブログ|omotenashi.com