温泉

温泉のにおい?

皆さんこんにちは。

おもてなしドットコム、新入社員の磯貝です。

温泉のにおいと言えば硫黄の匂いを思い浮かべる人が多いと思います。

あの匂いを嗅ぐと温泉に来た実感が湧くのではないでしょうか?

今日は温泉の匂いについて書きたいと思います。

onsen-smell

鉄さびの匂いが漂ってくる気がしません?

温泉の匂いのあれこれ

硫黄臭(硫化水素臭)

温泉に含まれる硫化水素が匂いの原因です。

花火の火薬の匂いや、卵が腐ったような匂いと例えられますね。

ほんの少し含まれているだけでも匂ってくるのでとても分かりやすいです。

金気臭

所謂、鉄さびの匂いを発する温泉があります。

茶色い温泉などは鉄分を含んでいることが多く、その鉄分が酸化することによって発せられます。

古い水道から流れてくる茶色い水の匂いと同じですね。

石油臭

油田地帯から湧出する温泉では、湧出時にかすかに石油が混じり、石油臭がすることがあるそうです。

新潟県の月岡温泉や北海道の豊富温泉は、石油を採掘しようとしたところ、湧きだした温泉なので、強い石油臭がするそうです。

ヨウ素臭

ヨードチンキに似た消毒液の匂いがする温泉があります。

非常に珍しい匂いのする温泉です。

北海道の晩成温泉がこの匂いがするそうですよ。

アンモニア臭

なんだかあんまり入りたくないような匂いな気がする温泉です。

やっぱり好みが分かれる匂いみたいですね。

逆にちょっと入ってみたいような、ないような?

北海道の天塩温泉や、新潟県の西方の湯温泉が有名みたいです。

温泉の匂いも含めての温泉なのだ!

この他にもいろいろ温泉の匂いがあるようで、無臭だと思っていてもうっすら匂いが付いていたりします。

温泉に入るとき、匂いを嗅いでみてください。

新たな発見があるかもしれませんよ。

 

-温泉
-,

© 2021 スタッフブログ|omotenashi.com