温泉

温泉入浴法と合わせて知っておきたいサウナの入り方。

皆さん、こんにちは。

おもてなしドットコム 新入社員の磯貝です。

少し前に温泉入浴法について書きましたが、今回は「サウナの入り方」について書きます。

「サウナの入り方」

サウナ室に入る前

基本的なことはお風呂・温泉のときと変わりはありません。

とても発汗するので、しっかりと水分補給してから入りましょう。

まず最初にお風呂や温泉に浸かり、軽く体を温めておきましょう。その方が発汗作用が早く現れます。

サウナ室へ入る

発汗にはそれぞれの体調や体質などの個人差もありますが、サウナ室に入っている時間は10~15分で十分効果が出ます。

長時間サウナ室に入っていると、かえって疲れを感じたり、身体に負担をかけることになってしまいます。

サウナ室から出た後

サウナ室を出た後は、ゆっくり歩きながら外気浴をするのが理想です。

露天風呂のそばでゆっくり休んでください。緊張状態になった後に休憩することで、反動で深いリラックス感を得ることができます。

水風呂

水風呂に入る前に、水シャワーなどで手足の先から汗をしっかり洗い流してください。

水風呂には身体が冷え切るまで入る必要はありません。身体がが気分良く冷めたら、水風呂を出て、再びサウナに入り直します。

 

これらのサウナ・休憩・水風呂を1セットを3回ほど繰り返すのが標準的な「サウナの入り方」です。

効果的なサウナの入り方でストレスや蓄積した疲労を解消しましょう!

 

-温泉
-

© 2021 スタッフブログ|omotenashi.com